アップライトバキュームの構造を知る

今回はほとんどのアップライトバキュームに当てはまる安全かつ、正常に使用するにために重要な情報です。

知らないと無駄に修理費がかかってしまったり適切な清掃結果が出ない可能性があります。

それはアップライトバキュームの構造を知ることで理解することができます。

アップライトバキュームの特徴

アップライトバキュームの大きな特徴の1つはブラシです。

ブラシを回転させることでカーペットパイル内の土砂を攪拌(かくはん)し、微細なゴミを回収することができます。

以下の記事にアップライトを使用する意味を記載しています。

カーペットはなぜ汚れるのか?

そして機械構造の特徴として、ブラシを回転させるモーターがあるため『吸い込み口からペーパーバックまでの同線にモーターファンを経由する』ようになっています。

つまり、微細なゴミの回収に非常に優れている一方、大きなゴミは逆に詰まらせてしまう可能性があります。

 

構造を理解しないことで起こる失敗

アップライトバキュームはカーペットの美観維持、使用寿命を延ばす為には必要不可欠な存在です。

ただ誤ってクリップ・キャップ・紙屑など手で拾える大きなゴミを吸引してしまうことで、モーターファンからペーパーバックまでの間で詰まりを起こしてしまうことがあります。

詰まってしまった場合、吸引力が激減してしまいます。思うような清掃結果が出ないだけでなく、掃除機のモーター故障にもつながります。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

対策

誤吸引によるリスクを減らすためには、以下の方法があります。

  • クリップなど手で拾えるゴミは吸引しないことを社内で共有する
  • 大きなゴミ用のノズル付きアップライトバキュームを導入する
  • 誤吸引防止用オプションを導入する

以下の画像はクリップなどの誤吸引を容易に防ぐことができるマグネットバーになります。

是非、ご活用ください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP